scoreのオーディオ&音楽日誌

score1204.exblog.jp
ブログトップ

礼賛!DL-103

f0229581_234441.jpg

アナログをやっていてDL-103を知らない人は居ないと思います。

NHKとDENONの共同開発でコンシューマー向けには1970年頃に発売されました。我が国のステレオMCカートリッジの原器と云っても良い歴史を持ったカートリッジです。

さて、このDL-103、私も2001年にアナログを再開した時に真っ先に手にしたカートリッジです。
標準針圧2.5g、0.6milの丸針、インピーダンス40Ω、出力電圧0.3mvととても使い易いカートリッジだと思います。事実、アナログ再開時の初心者に近い私であっても最初からそこそこ良い音で鳴ってくれました。

ですが。。。良い音なんですけど、少し物が判って来ると飽きるんですよね、この針(笑)
飽きる、と云ってしまってはナンですが、いかにも日本的で優等生的な音に面白みを感じなくなってしまうんですよね。しかし、これが大間違い。なんだかんだといろんなカートリッジを彷徨った後にDL-103に帰って来てしまうんです。

最近、DL-103を使うことが多くなりました。最も安心出来る音なんですね。何をかけても過不足なく音にしてしまうパフォーマンスの高さに今更ながら驚くことが多くなっているのも一因です。
ほんと、クラシックでもポップスでもその音楽の美味しいところをちゃんと音にしてくれる。音楽を聴いていて楽しいんですよね(笑)

DL-103は数年前からFR-54と組み合わせて使っています。
f0229581_2382542.jpg

FR-64の前に存在感が失われてしまっていますが、実に良いアームだと思っています。
どちらかと云うとミドルコンプライアンスカートリッジ向けのアームですね。ですからDL-103にはピッタリ。
これも発売が1970年頃の筈ですから、ひょっとするとDL-103向けに開発されたアームなのかも知れません。
f0229581_23123563.jpg

実にシンプルなアームです。スタティックバランス型で針圧は3.0gまで印可出来ます。写真では見えにくいですが、反対側に極シンプルなインサイドフォースキャンセラーが付いています。アームウエイトを一番後ろまで下げれば、なんとかギリギリSPUは使えます。
このアームが真価を発揮するのは、DL-103やOrtofonのKontorapunkt等、2.5g~2.8gぐらいまでのカートリッジのようです。このアームで鳴らすKontorapunkt-aも中々良い音を聴かせてくれます。

このアームと組合せるようになってから、盤質が余程悪く無い限り、内周歪みも随分と少なくなりました(丸針ですので流石に無くなりはしません) この組み合わせで鳴らすDecca盤は本当に素晴らしいですよ。特にSXL6000番台を聴く際はDeccaのカートリッジよりも良い音がするような気がします。音がスピーカーから飛び出して来るかのような迫力があります。

f0229581_23241429.jpg

シェルはオヤイデ電気のカーボンシェルを使用。これまたカーボンスペーサーを使ってシェルに装着しています。リード線はヤフオクで購入したベルデンのスピーカーケーブルを素材に使ったもの。このシェルリード線にしてからDL-103がアグレッシブな、結構熱い音になりました。

歴史のある日本製のカートリッジ、しかも値段も安い(2万円ちょっと)とあって、なかなかオーディオファイルの心を捉えるものとはなっていませんが、アームとの組み合わせ、シェルやリード線との組み合わせでいろんな表情を見せてくれるパフォーマンスの高いカートリッジです。勿論、トランスによっても音は変わります。

アナログの楽しさの一つに、いろんなカートリッジを漁ってみる、と云うのがあります。この楽しさは否定しません。私も散々楽しんでますし、これからも様々なカートリッジをとっかえひっかえするでしょう。ですが、ひとつのカートリッジをトコトン使い倒し、いろんな表現を引き出してみるのもアナログ正しい楽しみ方だと思います。
そんな時に未知のポテンシャルを秘めたDL-103は決して我々を飽きさせることは無いと思います。

最近、DL-103でアナログを聴いている時、つらつらそんなことを考えています。。。
トラックバックURL : http://score1204.exblog.jp/tb/19869887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by soundbox1960 at 2013-06-22 01:45
今晩は、score教授
仰る様に、本当に過不足の無いバランスの取れたカートリッジですね、103。
御指摘の通り、内周部での音の問題はありますが、このカートリッジの音を何処まで引っ張り出せてるかが、アナログプレーヤーの一つのメルクマールで在る様な気もします。
(と、言いつつ、他のカートリッジに浮気中、、、)
でも、103とSPUは永遠の指標だと思います。
Commented by Kopi-Hitam at 2013-06-22 04:51 x
SCORE教授 JAZZのLPを聴くことが多かった昔、あちこちで試聴しShureを選択しました。DL-103は仰る通り、優等生的音で良かったのですが、MCなのでトランスとかが無く断念した記憶が。今少しずつアナログに戻ろうとしていますが、DL-103は手に入れようと思って居ます。
Commented by moccinocraft at 2013-06-22 08:50
score様、お早うございます
DL-103とうとう出てしまいましたね。 うちで現用カートリッジというとこれしか有りません。 プレイヤーはデンオンの3700Fで、この組み合わせでは音が軽い様な感じがします。 元々はオルトフォンのMC-20を使っていましたが、針交換の度にお値段が高騰して行くので103に走りました。
でも、下世話な話、これLPを処分する(スペースの関連にて止むを得ず)ときに、全てCDに落とすために買ったモノです。
極めてノーマルな音ですが、4枚ほどかけると帯電するのには閉口しました。 score様のお宅では帯電しませんか?
Commented by Owariの眞 at 2013-06-22 10:05 x
おはようございます。

DL103、最初はDA305と組み合わせて使っていました。40年近く前の会社勤めを始めたばかりの頃で、それ以上のものは買えなかったというのが本当のところです。
高域が延びるとか何とかで、103Sとか103Dとか使いましたが、結局103にもどりました。アームはDA309になっています。
Commented by score1204 at 2013-06-22 20:22
soundbox師匠、こんばんは。いつもありがとうございます。
はい、仰る通り、103とSPUは永遠の指標ですね。
言い換えれば、この二つがちゃんと鳴らせれば、あとはどんなカートリッジでも使いこなせますもんね。
今後はこの二つを徹底的に追い込もうかな、なんて最近思っています。
Commented by score1204 at 2013-06-22 20:26
Kopi-Hitamさま、こんばんは。いつもありがとうございます。
DL-103はなかなか良いカートリッジですよ。仰る通り、トランスの問題がありますので初めて使うにはそれなりに投資しなければなりませんが、投資に見合う高価は絶対あると思います。
SHUREは私も持っています。V-15TYPE3なんてメリハリがあって良い音ですよね。クラシックにも合いますよ。
Commented by score1204 at 2013-06-22 20:30
DEWIさま、こんばんは。いつもありがとうございます。
DL-103は放送局生まれ、と云うこともあって極めて中庸な音ですよね。好き嫌いが判れるところですが、中庸な音ってことはどんなジャンルの音楽も過不足無く鳴らせるってことですから、凄いポテンシャルを秘めたものだと思うんですよね。使う人の色に染まりやすい、とでも云いますか。これをベースにいろいろと細部に拘ってみるのも面白いと思います。
うちでは帯電するってことは無いですねえ。
私が気付いていないだけかしら。。。?(爆)
Commented by score1204 at 2013-06-22 20:36
Owariの眞さま、こんばんは。いつもありがとうございます。
おお、DA309をお使いですか。まさに103用アームですね(^^)
103は派生モデルが沢山あるようですが、実は探しているものがありまして、103をベースとしたSP盤再生用モデルが是非欲しいのです。たまにヤフオク等に流れるみたいなんですが、現物にお目にかかったことが無いんです(^^;)
それはともかく、私もいつかは103派生モデルの幾つかは手に入れて使ってみたいな、なんて思っています。
Commented by score1204 at 2013-06-23 11:40
鍵コメントさま、ご連絡ありがとうございます。
えっと、DL-102SDは所有しておりまして、SP盤再生に常用しております。生産完了品ですので流通在庫しかないのが珠に傷ですが、近日中にストック分を購入しておこうと思っています。
実はこれとはべつにDL-103をモディファイしたSP盤用のカートリッジがあるみたいなんですよ。型番は忘れたのですがDL-103××とかなんとか。。。
滅多にお目にかかれないんですけどね。
Commented by yakihama at 2013-06-23 22:08 x
はじめまして、score1204さま、yakihamaと申します。
sounboxさまの近所で聴かせていただいたりしています。
DL103は拙宅ではアーデンに使用していまして、仰るように音に色気がちょっと少ないようですが、コストパーフォーマンスの高いカートリッジですね。30年くらい前に表面がツルツルの103をみたことがあり、磁石がより強力であったようです。何でも初期タイプで残念ながら針が折れていて視聴はできませんでしたことを覚えています。
 それでは今後ともよろしくお願いします。
Commented by score1204 at 2013-06-23 22:57
yakihamaさま、はじめまして。拙ブログへお出で下さいましてありがとうございます(^^)
ご高名はsoundbox師匠から良く伺っております。
仰る通り、少し色気が足りないカートリッジですが、またそこも良いところではないかと(あばたもエクボの類ですが ^^;)
逆説的に云うと、色気はチューニング次第でなんとかなってしまいますので、そう云う意味ではいじり甲斐のあるカートリッジだとも云えますね。
アーデンをお使いなんですね。繊細感と闊達さが同居する良いスピーカーですね。
また機会がございましたら、是非ご来訪下さいませ。
今後とも宜しくお願いします。
by score1204 | 2013-06-21 23:39 | オーディオ | Trackback | Comments(11)

音楽とオーディオ、その他の日々雑感を気ままに…


by score1204