scoreのオーディオ&音楽日誌

score1204.exblog.jp
ブログトップ

ガラード301のキャビネットを新調しました

東京の調布にサウンドボックス(株)というヴィンテージオーディオを扱うお店があります。
こちらに注文していたガラード用のキャビネットが出来上がって来ましたので、早速ターンテーブルとアームをインストールしてみました。
f0229581_21282512.jpg

材質はソリッドオークの集成材らしいです。とても堅く、叩くと「コンコン」と乾いた響きがします。
今回はショートアーム2本でセットアップするつもりです。
右側のメインアームがFR-64S、左奥のサブアームがFR-54です。
f0229581_21311090.jpg

側面の写真です。厚さは7.8cm。集成材を三層に重ねてます。

全体的にシックで落ち着いた佇まい。またとてもシンプルなキャビネットですね。他のガラードを収めているキャビネットも同じくサウンドボックス社製のものですが、違うのは色味と厚さだけで、シンプルなものであることに変わりはありません。

裏側はこんな感じ。各取付け部に座繰りがありますので、インストール作業はとても簡単。
f0229581_21483070.jpg

付属の足です。これもゴム製のシンプルなものです。ここらへんはお好みで別の足を組み合わせても良いかと思います。
f0229581_2149494.jpg


松集成材で自作したキャビネットからターンテーブルとアームを外し、新キャビネットへ移し替えます。苦闘1時間(笑)漸くターンテーブルとアームベースをインストール完了。
f0229581_21531552.jpg


この後、ラックに移し、アームを取り付けます。こちらも無事完了。
f0229581_21535452.jpg


FR-64SもFR-54も特別調整の難しいアームではありません。ある意味非常にアバウトなセッティングでもキチンと音を出してくれます。ここらへんはSMEの精緻さとは真逆のものですが、ミドル~ローコンプライアンスのアームですので、まあ、こんなものではないかと思います。
ただ、アームの高さ調整や針圧調整はキチンと行っています(レコードや針先を痛めることにもなりかねませんから)

んで音出し。
f0229581_2159126.jpg


はい、なかなか良い感じです。
全体がこなれてくるまでもう少し時間がかかりそうですが、期待値以上の音が出ていると思います。
やっぱり松集成材でキャビネットなんか作るものではないですね。カートリッジの持ち味をかなり損なっていたことがハッキリと判りました。
FR-64S&SPUもFR-54&DL-103も以前とは比べ物にならないくらい繊細な音を聴かせてくれます。

良い買い物になりました!(笑)
トラックバックURL : http://score1204.exblog.jp/tb/19960881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kopi-Hitam at 2013-07-06 08:16 x
score教授 キャビネットの材質でそんなに音が変わりますか、私のアナログ完全復活(2-アーム化)検討で、2アームプレイヤーの購入、現プレイヤーのキャビネット自作で2アーム化 迷っていますが 自作時の材質選択幅少ないのでこれまた迷う しばらく悩みがです。
Commented by score1204 at 2013-07-06 19:14
Kopi-Hitamさま、こんばんは。いつもありがとうございます。
キャビネットの材質で音質がここまで変わるとはワタシも思っていませんでした。もし自作されるなら、出来るだけ堅くて重い材木を使った方が良いと思います。
オーディオの悩みは楽しく、そして深いですね(^^;
Commented by Kopi-Hitam at 2013-07-07 06:21 x
score教授 ブログ3周年突破?おめでとうございます!
        これからも 宜しくお願いします。
  キャビネットの件ですが、重くて、堅いから石への発想で 御影石とかで作ったらどうなのでしょうかね 石屋の知り合いも居るので思いましたが、共振防振等から木材が最適なのでしょうか
つまらぬ発想になり失礼しました。
Commented by score1204 at 2013-07-07 21:17
Kopi-Hitamさま、こんばんは。いつもありがとうございます。
お言葉を賜り光栄です。今後ともよろしくお願いします。
当人はすっかり3周年だということを忘れておりました(爆)
で、キャビネットですが、一時期、大理石をつかったやつが流行ったことがありましたね。私は使ったも聴いたこともないので、単なる予想となってしまいますが、ちょっと音が固くなりすぎるんじゃないかなあ、なんて思っています。
堅すぎてもダメ、柔らかすぎてもダメ、ちょうど良い頃合いがオーク材等の固めの材木なのかも知れませんね。
Commented by soundbox1960 at 2013-07-08 03:13
今晩は、score教授
横スレ失礼致します(笑)
それこそ、考え方とバランスの取り方だと思います、ベースの材質は。
ガラードだとこのオークのキャビネットは理想的だと思いますし、うちは金属ですし、、、(石よりソリッドですがそんなに音、硬くないかと、、、)
御影石だと何処で逃がしてハウリングマージン稼ぐかとモーターの振動等をどう処理するかが決め手かと、、、
大理石等一通りしましたので、、、(^0^;)
Kopi-Hitam様の場合、クルマのサスとボディの関係で考えて頂けば良いかと、、、振動力学に変わりは御座いませんので、、、
(相も変わらず、余計な御世話、申し訳御座いませんでした)
Commented by Kopi-Hitam at 2013-07-08 05:11 x
score教授;Soundbox様 アドバイスありがとう ございます。仰るように振動がどうなるか?重量があるので対応するサスも大変そうとは思って居ました。取り扱いも、一人では不可能ですし。2アーム化が第一目的なので、先ずは無難に木材で考えた方が良さそうですね。 2アームのプレイヤー購入選択肢も未だ捨てきれず? もうちょっと 悩みます!
Commented by score1204 at 2013-07-08 21:12
soundbox師匠、こんばんは。いつもありがとうございます。
キャビネットの素材の話になりましたので、師匠を呼びに行こうと思っていたところなんですよ。参戦ありがとうございます。
でも、やっぱり尊敬する師匠ですわ。流石です。
どのような素材を使ってもバランスですよね。各素材のどこを活かし、どこを捨てるかは使い手のセンスが問われるところですよね。

これからもいろいろ教えて下さいまし。
Commented by score1204 at 2013-07-08 21:15
Kopi-Hitamさま、こんばんは。いつもありがとうございます。
と、云うわけで完全他力本願ですが、soundbox師匠の仰ることが正解かと。。。(^^:;)
確かに、あまり重く成りすぎて取り回しが難しくなるのも考え物ですよね。
サンバレーのSV-A2あたりを素材にいろいろ手を入れてみるのも楽しいかも知れませんよ(^^)
Commented by Kopi-Hitam at 2013-07-09 04:15 x
score教授 当初はSV-A1でアーム追加を考えて居たのですが、今A2のみになったので、キャビネット自作の刺激を受けた発想になりました。トータルコストはA2が一番低く、性能的にも良いですね。
by score1204 | 2013-07-05 22:05 | オーディオ | Trackback | Comments(9)

音楽とオーディオ、その他の日々雑感を気ままに…


by score1204