scoreのオーディオ&音楽日誌

score1204.exblog.jp
ブログトップ

スピーカーに関する戯言(^^;;)

毎年GWは人混みや混雑を嫌ってどこへも行かないのですが、今年も同様に近所をぶらぶらしただけでほぼ引き籠っておりました。読書をしたり、録画したまま未聴になっているテレビを見たり、オーディオを弄って遊んだり。。。まあ、引き籠っていてもやることはいっぱいです(^^;;)
オーディオの方は先の記事にもある通り、SV-300LBの導入によって、更に自分が望む音を細分化して実現出来るようになり「行くところまでいっちゃた感」無きにしも有らずです。

前々から、、、

1.オートグラフは交響曲や管弦楽曲(しかも大編成モノ)の再生に(雰囲気重視)
2.チャトワースは室内楽曲や小編成の管弦楽曲の再生に(情報量重視)
3.IIILZ(またはLM755A in 618C)はPOPSや映画音楽の再生に(情報量重視)

完全に分けて使いたいと思っておりました。

それに合わせ、使用するパワーアンプ、プリアンプも別系統にしたい、と思っていました。

それがSV-300LBの導入で、理想とする形に落ち着いたのは純粋に嬉しいです(^o^)

私個人の思いとしては、オートグラフ(Monitor Gold 15inch)は管弦楽を再生するのに優れていると思っています。
細かいところの再生や情報量については正直に云って優れているとは思えないのですが、なんと云いますか、音楽を雰囲気たっぷりに鳴らしてくれるんですよね。オートグラフを導入する最大の動機が「朝比奈のブルックナーを自宅で再現したい」ですから、私にとってはやはり大編成オーケストラを鳴らすスピーカーなんですね。

チャトワース(Monitor Red 12inch)は軽やかで反応も良く、室内楽を再生した際の音の粒立ちが非常に気持ち良いです。情報量もたっぷりありますし、音の佇まいも落ち着いた感じで、じっくりと室内楽に向き合うには最適なスピーカーだと思っています。

IIILZ(HPD295)はその対応力の広さからどんなジャンルの音楽も過不足無く聴かせてくれると思うのですが、偶々McIntosh MC240で鳴らした際のPOPSの歯切れの良いギターと心地良い重量感を感じるドラムスの音に感動し、POPS、JAZZ専用で使うことにしました。

個人的な思い込みに過ぎませんが、それぞれのスピーカーを上手く活かせるような再生が出来れば楽しく音楽が聴けるのでは無いかと思っています(^o^)

f0229581_23290928.jpg

気難しい英国美女を3人も侍らしているのですから、まあ、贅沢の極みですよね(^^;;)







トラックバックURL : http://score1204.exblog.jp/tb/25213382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by score1204 | 2016-05-08 23:34 | オーディオ | Trackback | Comments(0)

音楽とオーディオ、その他の日々雑感を気ままに…


by score1204