scoreのオーディオ&音楽日誌

score1204.exblog.jp
ブログトップ

SHURE M44-7(E)その後

先の記事で紹介したSHURE M44-7の針交換。あれから性懲りもなく追い込みを続けておりますが、少し纏まって来たので備忘録代わりに記しておきたいと思います。

現在はこうなっています。
f0229581_2323934.jpg


f0229581_2325119.jpg


FRの重いシェルからMMカートリッジの軽い振動系をなるべく活かすように、同じくFRの軽いシェルに替え、同時にSME3012Rのサブウェイトを取り去り、アーム全体も軽くしてみました。このようにすることで、より闊達な、SHUREらしい音になったように思います。

M44-7(E)の針圧調整範囲は1.5g~4.0gと幅広く、当初は4.0gで設定しておりました。
これで楽しんで聴いていたところ、盤によっては内周歪みが盛大に出るものがあったのです。下手をすると、中間ぐらいまで針が進んだところで、音に歪みが出るものも何枚かありました。

針圧の設定を4.0gから3.5g、3.0g、2.8gと段階的に落として行き、2.5g~2.8gあたりでかなり内周歪みが減ることが判りました。また、針圧4.0gに合わせるようにFRの18gほどあるシェルを使っていたのですが、先述した通り同じFRの12gのシェルに替えたところ、非常に好ましい結果が出るようになりました。

MMカートリッジの軽い振動系を活かすには、やはりそれなりに軽いシェルと組み合わせるのが良いようです。4.0gと云う重針圧であっても軽やかに鳴らすために、あまりガッチリとは抑え込まない方が良いのですね。もちろん、組み合わせるアームによってはまた違うセッティングもあるのでしょうけど。。。

良い勉強になりました。

音の方は、かなりオールマイティに何でも聴けるようになったように思います。
クラシックも管弦楽モノなら結構イケますし、ボーカルものも雰囲気たっぷりに聴けます。古い録音なら女性ボーカルもイケますが、新しい録音になると所謂「サ行」がキツクなるので、その場合は奥のSME3009S2とSHURE V15 TYPE3で聴くようにしています(^o^)
トラックバックURL : http://score1204.exblog.jp/tb/27279291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by score1204 | 2016-12-11 23:24 | オーディオ | Trackback | Comments(0)

音楽とオーディオ、その他の日々雑感を気ままに…


by score1204