scoreのオーディオ&音楽日誌

score1204.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自動車( 20 )

昨日(12/5)人生初のスタッドレスタイヤに履き替えました(^^;;)

まだ当分、雪は降らないと思うんですが、降ってからでは遅いので少し早めの準備です。
まあ、昨冬までは雪が降ったらクルマを運転しないことに決めておりましたので、スタッドレスやチェーンも購入していなかったのですが、いつまでもそういう訳には行きませんしね。雪は降っても仕事はありますし、こういう日に限って少し早めに出勤しなくちゃならないケースが多いのです。なので10月の終わりにドライブレコーダを付けて貰った際にディーラーに注文しちゃいました。

スタッドレスタイヤといってもピンからキリまであります。正直云って、ワタシのようなクルマの素人に何か見識があるわけではありません。よって、ここは信頼出来る先輩頼み(^^;;)
soundbox師匠が推薦されておられる BRIDGESTONE Blizzak VRX をチョイス致しました。
ホイール込みでそこそこ良い値段します、このタイヤ。
ですが、タイヤはクルマにとって最重要パーツですし、命に関わる部分でもありますから、ここはケチるところではありません。
高いな、と思いつつも納得して購入致しました。

f0229581_23114487.jpg


f0229581_2312585.jpg


まだ、雪道を走ったわけではありませんので、その性能と云うものは体感出来て居ないのですが、ノーマルタイヤに比べ、柔らかい感じは確かにします。それにハンドルがやけに軽く感じられます。
交換した当日は馴らしもかねて、親族のお墓詣りに小平霊園まで往復。今日は中央道を使ってNHKホールまで往復しましたので、じきに馴らしも終わるでしょう。

これで雪がいつ降っても大丈夫!(^o^)

だといいな。。。
by score1204 | 2015-12-06 23:23 | 自動車 | Trackback | Comments(6)
自動車免許を取得して2年8ヶ月。
今年の12月の誕生日には更新時期を迎えます。
まだまだ初心者、勉強することが多い、と思いつつ、最近では都心へもクルマで出掛けるのが普通になりましたし、冷や冷やしながらでも首都高も走れるようになりました。
とは云え、未だにルートをキチンと頭に叩き込みつつ、案内標識を見落とさないように気を使っておりますが。。。ビルの谷間を走ることになるからか、ナビが意外と当てにならないんですよね(笑)

40代後半で初めて普通自動車免許を取得したもんですから、まあ、この先もクルマに凝る、なんてことはないだろうな。便利な道具の1つとしてしか使わないだろう、なんて思っていました。
ただ、最近、クルマのことが少しずつ判って来ましたし、ケーブルテレビでやってるクルマ番組(クラシックカーをレストアする番組が大好き)を観るようになって、生来のオタク気質が頭を擡げて来ました。

キビキビ走れる小さなクルマってないかなあ。。。?
関東近辺や近所を走る時は小さなクルマで、長距離を移動する時は大型のセダンが理想的です。

と云うところで現実的?な妄想をすると。。。

HONDA Accord HYBRID
f0229581_23352299.jpg


MINI COOPER COUPE
f0229581_233818.jpg


あたりが運転していて楽しそうです。

元々、ローバーミニやミニクーパーみたいなコンパクトカーが好きだ、と云うのもあります。
ガキの頃から、いつかは運転してみたいな、なんて思っていました。
究極は昔のフィアット500なんですけど、維持するのが大変そう(笑)

セダンは元々、うちら夫婦の好みでもあります。
今乗っているVEZELに買い替える際も、実は最有力候補はHONDA Accordでした。
ただ、以前も書いたことがありますが、自宅駐車場の物理的限界を超える可能性がありますので、泣く泣く断念(最近になって、Accordでも大丈夫だったな、と気付きましたが(爆)
結果的に次点候補だったVEZEL HYBLIDにした、と云う経緯があります。

今乗っているHONDA VEZELに何等不満はありません。
モーターからエンジン走行に切り替わる際に、少し嫌なショックを感じますが、それ意外は全く不満はありません。スポーツモード時の加速感はなかなか楽しいものがありますしね(無駄にエンジンをぶん回しているだけ、と云う感じがしますので余り使用しませんが。。。それに高速走行時だとノーマルモードとレスポンスは余り変わりありませんし)
普段使いでも、偶の長距離移動でも全く苦になりませんし、運転していて楽しいクルマであることは間違いありません。

結局、何を云いたいのか自分でも良く判って居ないのですが(苦笑)、いつか機会があれば上にあげた車種に乗り換えてみたいなあ、と云うオハナシでした。。。

内容が無くてスンマセン m(_ _)m



でも、どうせ妄想するなら、ロールスロイスとフェラーリぐらい並べれば良いのにね~
ビンボー人の悲しさか、これらのメーカーのクルマとなると、全く想像(妄想)が出来ないんですわ(爆)
by score1204 | 2015-10-09 00:01 | 自動車 | Trackback | Comments(4)
翌朝、10時にsoundbox師匠夫妻にホテルまで迎えに来て頂き、鈴鹿サーキットへ向かいます。
F1開催中は通行規制が敷かれていたり、地元外からのお客さんで周辺は大混雑するそうですが、こういう時に地元の方にご同道頂けるのは本当に有り難いです。裏道をスイスイと走り、特に混雑に巻き込まれることも無く、サーキットへ到着。

f0229581_20573011.jpg


屋台の焼きそばを食べてウダウダしていると、選手たちのパレードが始まります。

f0229581_2115245.jpg


f0229581_21162616.jpg


f0229581_21165570.jpg


f0229581_21173582.jpg


f0229581_2118847.jpg


f0229581_2119218.jpg

で、いよいよレースが始まります。
のっけからメルセデスが先頭に立ちます。
以下、ピンボケの写真でスミマセン。。。
f0229581_21251569.jpg


f0229581_21255136.jpg

素人なりの感想になってしまうのですが、当日はメルセデスとフェラーリだけがレースをしている感じで、それ以外は後ろの方でわたわたしていただけのように思えました(暴言多謝)
我々はHONDA応援席に座っていて、マクラーレンホンダを当然のように応援していたのですが、まあ、なんと云いますか、後ろから煽られているような感じで、良いとこなしでしたねえ。

f0229581_21291317.jpg

第一、エンジンの音からして違うんですよね。
メルセデスやフェラーリのような軽快で密度の高いエンジン音では無く、HONDAのエンジン音はどこかしら垢ぬけず、古臭い、しかもスカスカのエンジン音のように思えました。まあ、エンジン音の違いがパワーの違いに直結するものでは必ずしも無いのかも知れませんが、素人の私が聴いていてもメルセデスとフェラーリのエンジン音はいつまでも聴いて居たくなる心地よいものだったように思えます。
こういう例えは必ずしも正確では無いのでしょうが、HONDAのマシンが栄発動機を積んだ零戦21型だとすると、メルセデスとフェラーリはロールスロイス製のエンジンを積んだスピットファイアのように思えるんですよね。それぐらいの違いがあったように思います。

ともあれ、台風の大雨に祟られた昨年と違い、F1グランプリ生観戦の醍醐味を大いに味わいました。
レース全体を俯瞰的に見るならテレビの方が良いかも知れませんが、すぐ目の前をエンジン音を響かせてF1マシンがかっとんで行く大迫力はやっぱり生でないと味わえません。

来年もまた観に来たいですね。
それまでにHONDAが表彰台を狙えるまでに復活してくれてれば嬉しいのですが。。。(^^;;)
by score1204 | 2015-09-29 21:41 | 自動車 | Trackback | Comments(0)
今年もF1を鈴鹿へ観に行って参りました(^^)
正直、こちら方面は良く知らないのですが、うちの嫁はんが詳しくはないものの、昔から大好きでいつか観に行きたい、なんて云っていたのです。
昨年、初めてのF1観戦に行ったのですが、台風による大雨でレースが途中で中止、非常に物足りなく、後味の悪い思いを残して会場を後にしました(翌日、帰る際には東名も新東名も通行止めで、自宅に帰り着くまでに10時間以上かかりましたし。。。)
てなこともありましたので、今回はそのリベンジもしたかったというのもあります。

26日(土)は仕事でしたので、それが終わってからクルマで出発。
途中休憩で立ち寄った足柄SA(下り)でこんなのをやってました。
f0229581_20245735.jpg


f0229581_20254271.jpg


f0229581_20262565.jpg


f0229581_20275471.jpg

使徒カレーだそうです。普通のカレーでしたけどね(爆)

ここで夕食と休憩を取り、新東名へ入って遠州森町PAで小休止を取った後は宿のある四日市までノンストップ。
今回、初めて高速道路を夜間、しかも長距離走ったのですが、アタマで考えて居た以上に走りやすかったです。日中より交通量が少ないってものありますが、街路灯も何も無い真っ暗なところでも前後にクルマが走っていれば予想以上に明るかったです。完全に前後に他のクルマが見えず、ハイビームを使う機会というのも10分間あるかないか。三ヶ日で東名へ合流してからも、クルマが少なく、結構な速さで流れているので、その流れに上手く乗れれば、日中移動よりも短時間で目的地に到着出来ます。今回は岡崎を過ぎた辺りで車線を減少させての工事を行っており渋滞が発生していましたので、いつもと同じぐらいの時間が掛かりましたが、これが無ければ(足柄でゆっくり休憩したにも関わらず)自分史上最速の移動になったと思います(爆)

来年は新東名と伊勢湾岸道が豊田東で繋がる予定ですから、もっと早く着けるようになるかな??

てなわけで、四日市の定宿へ無事到着。
明日はいよいよF1の決勝です!
by score1204 | 2015-09-28 20:49 | 自動車 | Trackback | Comments(0)

ウチのVEZEL HYBLID

納車が昨年の4月下旬でしたから、早いものでもう1年経ってしまったんですね。
一応、1年点検は3月の下旬に済ませており、エンジンオイルの交換とワイパーブレードの取替、あと幾つかの取替と点検をして貰っただけでどこも異常なし。快調に動いてくれております。

1年間の走行距離はちょうど5000km。
正確には今日時点で4996km(笑)
昨年は出張が多く、最長で2週間ほったらかしというのもありましたから、あっちゃこっちゃ行ったなあ、と云う感慨とは裏腹に意外と走行距離は伸びませんでしたね。
このクルマになってからsoundbox師匠宅へ3度も遊びに行きましたから、それでかなりの走行距離を稼いでくれていますね。

こちら方面はほとんど見識も無く、経験も浅いのでハナシ半分で読んで頂きたいのですが、2000kmを越えたぐらいからレスポンスが随分良くなったような気がします。それまでは、どこかしら「もっさり感」があったのですが、キビキビ走るようになったように思います。昨年はリコール対応で3度もディーラーに持って行って制御ソフトを書き換えて貰ったりしましたから、その影響もあるかと思います。また、ワタシがVEZELの乗りこなしに慣れた、と云う側面もあるとは思いますが、CIVICから乗り換えた時に感じたネガティブな印象は、今では一切感じません。

ただ、そうは云いつつも不満点もあるにはあります。
例えば、前方の信号が赤でゆっくり近づきつつ、停車する寸前で青に変わった場合、アクセルを踏み込んで加速したいのですが、この動作が一瞬もたつくのです。感覚的にはアクセルからの応答が一瞬途切れる感じです。これがどうにも気持ち悪い。
DCDと云うパワートレインが成せる挙動なのか、ワタシのクルマだけに発生している事案なのか不分明ですが、次に点検に持って行く機会があればその旨ディーラーに伝えて観て貰おうかな、と思っています。

その他の走りに関しては特に不満点はありません。
高速域では120kmあたりまでは安定感のある走りですが、それ以上になると少し怖いな、と感じます。前に乗っていたCIVICではそんなことは感じませんでしたので、ここらはSUV特有の重心の高さに関係があるのかも知れません。

素人のクセに色々と勝手な事を書いていますが、運転していて楽しいクルマであることは間違いありません。
それにワタシにはとても運転のし易いクルマです。
やはり車高が幾分高いこともあって、遠くまで見通せるような安心感があるんですね。まあ、たかが10cmぐらいしか変わらないと思うのですが、この10cmの違いが齎すフィーリングって結構大きいような気がします。

f0229581_22451730.jpg

by score1204 | 2015-05-08 22:46 | 自動車 | Trackback | Comments(2)

HONDA VEZEL HYBRID

念願の新車です。
HONDA VEZEL HYBRID
f0229581_22555781.jpg
f0229581_22552821.jpg

f0229581_22563821.jpg

f0229581_22571554.jpg

納車は先週の土曜日(4/26)
個人的にはスタイリングもインテリアも気に入っていますが、唯一気に入らないのがシフトレバー。ゲーセンのコントローラーみたいなシフトレバーだけは頂けません。クルマなんですから、もう少し、こう、機械を操作しているような感触が欲しいのですよね。ガチャ、ガチャ、と云う。カコ、カコと軽い感触しかないレバーでは少し興ざめです。こんなこと云うの私だけかな??(笑)

FitベースのSUVと云われていますが、共通部品は全体の3割程度なんだそうです。車格はFitよりずっと大きいですし、感覚的には別物と思えますね。心臓部であるエンジン(i-DCD)が共通なので、そう云われるのでしょう。2月に発表されたリコールで大問題になったところでもありますが。。。(笑)

通勤に使っている限りでは特に不満はありません。ただ、このクルマの前に乗っていたCIVICとアクセルやブレーキの感覚が随分と違うので、慣れるまでには多少の時間が必要でしょう。EV車特有の走り出しもまだちょっと違和感を感じますしね。音もなくスッと走り出すので、最初はちょっとビビリました(爆)

当日はそこらへんをぐるっと周っただけですが、今日、慣らしも兼ねて高速を少し走って来ました。
ルートは国立府中IC→大月JCT→富士吉田→須走→R138→御殿場IC→海老名JCT→相模原愛川ICです。中央道はガラガラ。東名もクルマは多かったですが、スムーズに流れており、慣らし運転には絶好なトラフィックでした。

まずは最寄りの国立府中ICから中央道(下り)に乗ります。
f0229581_233382.jpg

f0229581_2364214.jpg

途中で雨が降って来ました。大月JCTを河口湖方面へ。
f0229581_23254460.jpg

小雨でしたが、雨の高速を走るのはこれが初めて(笑) ちょっと緊張しましたが、クルマの方はドッシリした安定感があって安心出来る走りでした。

リニア実験線の建物や軌道があったりして
f0229581_23282649.jpg
f0229581_23281191.jpg

ホント、とても安定感のある走りです。80km~100kmの間で巡航していたのですが、中低速域で感じていたアクセルのレスポンスの悪さも高速域では全く感じません。慣らし中ですのでまだゆっくりとしか踏めませんが、それでもエンジンをそれほど回して居ないのに伸びやかに加速してくれます。
富士急ハイランドの横を通過。
f0229581_2335267.jpg

この後、須走から一般道(R138)へ降り、御殿場ICから東名上りへ。海老名JCTから圏央道相模原愛川ICへと至り、自宅へ帰って来ました。

今回、約200kmほど運転して最も感心したのが安定感のある走りでした。
この前に乗っていたシビックセダンでは、ちょっと怖いな、とブレーキを踏んでしまうようなカーブでも、このVEZELだと減速することなくコーナーに入って行くことが出来ます。圏央道はちょっとした急カーブが多く、シビックで走っている時は良くブレーキのお世話になっていたのですが、VEZELだと全くそのようなことはありません。ひょっとすると私が圏央道に「慣れた」のかも知れませんが。。。でも、シビックで感じたような「振られる」ような感じは余り受けなかったのは事実です。この走りだと苦手な山道も楽しいかも知れません。

ハイブリッド車特有の挙動には少し抵抗感が無きにしも有らずですが、これもじきに慣れるでしょう。
なかなか良いクルマだと思います。今回はECONをオフにして走りましたが、走行距離が500kmを越したああたりでスポーツモードでも慣らしを行いたいと思います。

ちなみに今回の平均燃費は17.5km/Lでした。
良いのか悪いのか判りませんが、余り気にもしていないので、まあ、こんなもんだと思うことにしましょう(笑)

良い買い物でした(笑)
by score1204 | 2014-04-29 23:52 | 自動車 | Trackback | Comments(6)

納車日決定!

こちらではご報告しておりませんでしたが、4月下旬(26~27日前後)に新しいクルマが納車されます。
コレです ↓

f0229581_23381597.jpg

HONDA VEZEL HYBRID です。

色もまんまコレです。
当初は赤にしようかな、と考えていたのですが、試乗したクルマがこの色(緑)で見た感じとても渋く落ち着いていたので急遽こちらに変更。良い選択だったと思います。

契約は1月9日。
当初の納車予定は4月20日前後、と云われたのですが、例のリコール騒ぎと2月の雪の影響で5月下旬に延びてしまいました。それがつい先日、当初予定されていた日程に回復したとの連絡がありました。ほんとに良かったです。これでGWにあちこち遊びに行けるぞ~(笑)

契約前に30分ほど試乗した限りでは、ECOモードだと低中速域の加速にイラつきを覚えますが、ECOモードオフ、またはスポーツモードにするとキビキビした走りで運転が楽しいです。ハンドリングの印象も良かったですし、ドッシリした安定感のある走りに頼もしい感じがしました。同乗していた嫁はんもすっかり気に入ったみたいで、ほぼ即決(笑)

納車が待ち遠しいです!(笑)
by score1204 | 2014-04-13 23:59 | 自動車 | Trackback | Comments(2)
クルマを運転するようになってからもうすぐ1年になろうとしております。来年2月には若葉マークからも卒業(笑)
通勤や遊びでほぼ毎日運転しておりますのでそれなりに慣れても来ました。
残る大きな課題としては首都高制覇かなあ??
ある特定のルートについては時々運転する機会があるのですが、それ以外については全くと云って良いほど未知の道(笑) もちろん助手席に乗って走ったことは何度もありますが、自分でハンドルを握って走るのとでは大違いですからねえ。これもいずれは体験する機会が来ることでしょう。首都高をちゃんと走れないと自宅から千葉方面には遊びに行けませんからねえ(^^;)

今、乗っているクルマ(シビックセダン)にまったく不満はありません。加速も良いし、固めの足回りも心地良いですし。また、何か操作した時にレスポンスが速いのも良いですねえ。初心者がこんなこと言うと失笑を買うかも知れませんが、運転していて気持ち良いですし、安心感を覚えます。時々、社用車(なぜがTOYOTAばっかり)を運転する機会もありますが、走っていても全然楽しく無いのですよね、不思議なことに。まあ、初心者意識への刷り込みのせいだとは思いますが、こういう風な感慨を持っていると次にクルマを買うことがあってもHONDA以外の選択枝はないでしょうねえ。スポンサーである嫁はんが大のHONDA贔屓だし(笑)

なんて事を思いながら、次に買うクルマは何が良いかな、と妄想していると。。。

アコード・ハイブリッド
f0229581_10474284.jpg


インサイト・エクスクルーシブ
f0229581_10511869.jpg


ヴェゼル・ハイブリッド
f0229581_10525923.jpg


この3種が良いかなあ、なんて思っています。

アコード・ハイブリッドはセダン好きの我々夫婦には一番ピッタリと来ます。何と云っても落ち着いたスタイリングが良いですし、高級感もあります。いろいろ記事を読んだり、You Tubeの動画を観ていますと走りも良さそうです。
ただ、如何せんお値段が。。。残価設定型ローンでも組めば買えなくもないですが、そうなるともう一方の趣味である音楽(オーディオ)の方に資金が回せなくなります。これはかなり痛い、と云うか考えられない。
それと自宅の駐車場に出し入れするにはギリギリの横幅です。
う~ん、一番欲しいクルマではありますが、資金力の無さと駐車場の物理的限界からこれは現実的ではないかな。年末ジャンボ宝くじ当たったら買うことにします(笑)

と云うところで妄想の世界から現実世界へ目を向けると、無理なく手が届く範囲としてはインサイト・エクスクルーシブ。またはつい先日発表になったばかりのヴェゼル・ハイブリッドあたりになるのかな、なんて思います。

インサイトはシビックセダンを購入する際にも候補に挙げたクルマです。デザインも好きですし、1.5L+IMAのエクスクルーシブなら今のシビックセダン(1.8L)にも伍し得るパワーを持っていますから、運転していてストレスを感じることも少ないと考えています。
また、横幅も5ナンバーサイズで見た目よりコンパクトで取り回しは良さそうです。今年の秋にマイナーチェンジをしてから、内装や走りも旧モデルと比べても随分良くなったとの話も聞きますので選択としては悪くないかな、と思っています。それにアニオタ出身?(笑)のワタシにとっては独特のコックピット感も良いように思えます。

インサイトの対抗馬としてはヴェゼル・ハイブリッドかなあ??
価格帯もインサイト・エクスクルーシブとほとんど変わりませんし、1.5L+i-DCDとエンジンに関してもほとんど互角(こちらが上?)。運転して楽しそうなクルマです。
TOYOTAハリヤーやNISSANジュークあたりの路線を狙ったクルマだと思うのですが、デザイン的にはヴェゼルの方が断然カッコイイと思います(笑)

なあんて、勝手なことほざいてますが、まだまだ暫くはシビックセダンを乗り続けますよ。良いクルマですし。
買い換えるにしてもシビックの車検時に合わせようと思っていますので、早くても来年夏、遅くて来年末ぐらいかなあ。。。
近日中にインサイトとヴェゼルは試乗してみるつもりです。
ちなみにハイブリッドばかり選択していますが、良いなと思うクルマがたまたまハイブリッドなだけで、近年流行りの「エコ」には全く興味はありません。仮にこれらのクルマを購入してもエコモードで走ることは、まず無いでしょう。

。。。試乗したらすぐに欲しくなったりするかなあ?
ワタシの場合、後先考えずに気に入ったら即決するクセがあるんで、否定できないんだよなあ。。。(爆)
by score1204 | 2013-12-21 16:44 | 自動車 | Trackback | Comments(6)
soundbox師匠宅で心行くまで遊ばせて頂いた後は四日市のいつもの定宿へ投宿。
このホテル、結構立派で高そうなんですが、意外や値段はリーズナブル。
いつも食事は師匠ご夫妻と四日市グルメを楽しませて頂きますから、素泊まりで泊ると2人で1諭吉ちょっとなんです。大阪や東京のビジネスホテルより一人頭の料金は安いと思います。

てな訳で、翌日(23日)はちょっと遅めに起き出し、前夜にコンビニで仕入れたパンで軽めの朝食を済ませてから出発。伊勢湾岸道のみえ川越インターから高速へ乗ります。
f0229581_2130448.jpg

結構空いていたように思います。
f0229581_21323343.jpg

豊田JCTを東名へ
f0229581_21332238.jpg

東名高速への合流
f0229581_2134214.jpg

岡崎を通過。東京まで300km!(^^;)
f0229581_2135938.jpg

そして新東名へ
f0229581_2136681.jpg

中央道、東海北陸道と走ってみて、新東名が如何に走り易いか、今回改めて実感しました。
クルマの絶対量が違うってのもありますが、道は広いし、あまり曲がりくねったカーブも無いし、アップダウンもそれほどではない。走行車線を100km超で巡航していても全く恐怖感は有りません。
また、追い越しもスムーズに出来ます。
これは初心者であるワタシには持って来いの高速ですね(笑)

食事に立ち寄った遠州森町PAで見かけたランボルギーニ。
クルマ好きの嫁はん狂喜乱舞(笑)
f0229581_21431158.jpg

清水PAを過ぎて暫く走るとちょっと雲がかかっていますが、中々キレイに富士山が見えました。
富士山大好き嫁が助手席で写真を撮りまくる撮りまくる。。。(爆)
旦那も観たいにも関わらず、よそ見しながら運転する度胸は無いので、歯噛みしながら写真でガマン(笑)
f0229581_21471229.jpg

f0229581_214818100.jpg

と、ここまではとっても順調だったのですが、電光掲示板がいや~な情報を流しています。
f0229581_21522278.jpg

f0229581_21524340.jpg

とほほ、東京まで3時間かよ。予想していたとは云え凹む~~(涙)

御殿場から見えた富士山。逆光気味ですが、シルエットが浮かび上がってとっても良い感じ。
我が嫁ながら中々の写真です(苦笑)
いつの間にか、助手席カメラマンとしての腕を上げていたみたい。。。(爆)
f0229581_2156348.jpg

御殿場JCTの東名への合流はまだ空いています。
f0229581_21572343.jpg

足柄まで来ると渋滞が始まっていました。
f0229581_21582481.jpg

この後、事故現場(追突事故でした)を抜けるまで1時間ちょっと。
事故現場を通過した後は暫く流れたのですが、また直ぐに渋滞につかまります。
f0229581_222475.jpg

f0229581_2225033.jpg

ここから渋滞どっぱまりで約2時間。
海老名JCTから圏央道へ乗換え、自宅についたのは19時30分頃でした。
四日市を出て8時間ほどかかった計算になります。
流石に疲れました。。。

これで今回の遠征記はオシマイです。
総走行距離820km超の遠征でしたが、とても実り多く、楽しいものでした。
渋滞は困ったものですが、更に高速の長距離運転に対して心理的ハードルが下がった感じがします。
名古屋~四日市方面だったら、そんなに考えなくてもクルマで行けるような気がしますしね。
と、云う訳でsoundbox師匠、いきなりふらっと現れるかも知れませんので今後ともよろしくお願いします(笑)
まあ、それは冗談にしても、初心者のうちは自分の運転を見直す意味でも長時間ハンドルを握るってのは大切だなあ、と思いました。
自分でも気が付かないうちにクセが付いちゃっているんですね。
それに自分で気付いて、ダメだな、と思ったら修正する。
その繰り返しで多少マシな運転が出来ればいいな、と思います。
免許をとって7ヶ月、走行距離も4000kmを超しました。
まだまだこれからですね。

※今回の全行程(笑)
f0229581_2334872.jpg

こうしてみると結構走ったなあ。。。
by score1204 | 2013-09-25 22:19 | 自動車 | Trackback | Comments(6)
※先ほど無事帰着致しました。いろいろとお声掛け頂き、ありがとうございました。

と云うことで、遠征記2日目です(笑)
この日は岐阜県高山を出発し、三重県四日市へ至る、約195kmの道中です。
昨日に引き続き、国道158号から西進、高山西インターから高山清美道路の無料区間を進み、飛騨清美インターから東海北陸自動車道を南下します。

22日朝の高山市内。薄曇りで近くの山頂には靄がかかっていました。
f0229581_2231659.jpg

ホテルで朝食のバイキングを食べ。。。
f0229581_2235896.jpg

いざ、出発!(笑)
f0229581_2254774.jpg

ここから中部縦貫道の無料区間へ
f0229581_2263037.jpg

そして飛騨清美インターから東海北陸道へ入ります。
f0229581_227521.jpg

東海北陸自動車道を走るのはもちろんこれが初めて。
f0229581_22174762.jpg

f0229581_2219046.jpg
f0229581_22183189.jpg

wikiなどで読んで知っていましたが、片側一車線の区間があったり、アップダウン、急カーブなどが続き、初心者であるワタシには結構難易度の高い高速道でした。特に下り坂が14km(だったかな?)続くところがあり、DレンジとD3レンジ(一度だけセカンドも使いました)を頻繁に入れ替えながら、エンジンブレーキを使って下らなければならず、結構疲れました。こんなところでズルズルとブレーキを踏んで走ったりなんかすると途端にフェードするでしょう。途中、道路脇に緊急待避所が設置されていましたしね~(写真は撮り損ないました 涙)

片側2車線になってからは、走行車線を大人しく80km巡航(苦笑)
f0229581_22203642.jpg

途中の古城山PAで一休み。
f0229581_22223919.jpg

f0229581_22225621.jpg

このPA、トイレと自動販売機以外、な~んもありません。
煙草を吸いながらウダウダしていると、soundbox師匠から電話が掛かって来ました。
「今どこらへん?」
「古城山PAちゅうどころですわ」
「そこどこ~?」
「一宮まで50kmぐらいのところですわ」
「結構ええペースで来てるんやん」
いやいや、結構ビビリながら降りて来ました。。。(爆)

ほんとだったらここで昼飯でも、、、なんて立ち寄ったPAでしたが、ご覧の通り何もないので、暫く走って関SAで食事を摂ることにしました。
f0229581_22281725.jpg

f0229581_2228454.jpg

ワタシがざるそば、嫁はんが大シイタケ天ぷらうどんを食べましたが。。。写真は撮り忘れ(爆)

ワタシは運転中は余りガッツリとは食事をしない方です。
眠くなるのがイヤ、と云うのが最大の理由ですが、そんなに胃腸が丈夫な方でも無いので、大食いした後に体調が悪くなったりすることがごく稀にあるのです。運転中に体調を崩したりしたらとんでもないので、ここらへんは大いに気を付けています。

関SAで見かけたカッチョイイバイク。いいなあ、これ。乗ってみたい!(笑)
そういえば、高山近辺でバイク集団とかなりすれ違いました。皆、大型バイクで中にはサイドカーもありましたね。こんなに一度に沢山のサイドカーを見たのは初めてかも知れません。なにかバイクのイベントでもあったんでしょうか??
f0229581_22353245.jpg

先に進みます。
f0229581_223745.jpg

おお、各務原! 零戦初飛行の地です(萌え~!)
やはり南下するに従い、クルマの量は増えて来ます。
f0229581_22381613.jpg

一宮JCTを抜け
f0229581_22391992.jpg

名神を抜け、名古屋高速へ
f0229581_22415240.jpg

そんなこんなで東名阪道へ
f0229581_22435056.jpg

木曽川を渡り、、、
f0229581_2244327.jpg

三重県入りです!
f0229581_22452524.jpg

四日市JCTを抜け
f0229581_22461438.jpg

最寄のインターから一般道へ出ます。
f0229581_22472214.jpg

soundbox師匠のお宅はここからすぐ近くです。
無事、到着することが出来ました(笑)

高山を出て此処まで約4時間ぐらいだったかな? 途中で1時間ばかり休憩を取りましたから、ハンドルを握っていたのは正味3時間ぐらいでしょう。
途中、渋滞はほとんどなく、一度だけ数分間流れの悪い局面がありましたが、ストレスを感じるようなものではありませんでした。
快適なドライブでした!(^^)v

。。。ちょっとビビったけど(爆)
by score1204 | 2013-09-23 22:59 | 自動車 | Trackback | Comments(4)

音楽とオーディオ、その他の日々雑感を気ままに…


by score1204