scoreのオーディオ&音楽日誌

score1204.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

SHURE M44-7の針交換

久々のオーディオネタです(^^;;)
2年前に購入して、それなりに気に入っているカートリッジSHURE M44-7ですが、これの針交換をしてみました。と云っても普通に丸針に交換しては面白くないので、同じくSHURE M44Eと云うカートリッジの交換針(N-44E)をM44-7に使ってみました。交換針はJICOで簡単に手に入ります。

f0229581_21141679.jpg


SHURE M44Eは楕円針。交換針の形状はM44-7とほとんど変わらなかったので、多分適合するだろう、と踏んで注文を致しました。
実は注文をする前に、ネットでいろいろと調べてみました。
メーカー推奨の針交換では無いので、トラブル等の報告がされていないか調べたのですが、何の情報も見つかりませんでした。
で、まあ、ダメなら勿体ないけど諦めるか(4000円ちょっとだし)、と件の楕円針を注文したのですが、手元に届いてM44-7にN-44Eを取り付けたところ、何の抵抗もなくサックリ装着することが出来ました。シェルに取り付け、音を出しても何等異常はありません。あまりにトントン拍子に事が運んだので正直拍子抜けです(笑)
とは言え、これはメーカー推奨の針交換ではありません。これから先、異常が出ないか注視したい、と思っています。

さて、肝心の音の方はといいますと。。。
正直、吃驚しています。SHURE M44-7(楕円針に替えたのでM44-7Eと云うべきか?)の音とは思えないほど表現力が向上したように思います。
まず、最初に判るのが、表情がたおやかになったこと。
M44-7の出力電圧は9.5mv。一般的なMMカートリッジが4.0~5.0mvであることを考えると、とてもハイパワーです。そのパワーを活かしたガッツのある音作りがM44-7の魅力です。
ただ、一方で、オリジナルは丸針を採用していることから、弦楽の表現に若干の難点があり、やや荒れてしまう傾向がありました。また、これも丸針の欠点である「内周歪み」が盛大に出るところもありました。
ところが、楕円針に交換したところ、丸針の欠点が一掃され、先述したハイパワーの表現力も相まってオーケストラのマッシブな迫力と輝きが味わるようになりました。
また、中域の張り出し方、低域の沈み込み方も非常に好ましいものがあります。
但し、音の解像度はそれなりです。とてもじゃありませんがMC型カートリッジに比肩すべくもありません。しかしながら、実際に演奏会場でオーケストラを聴いて頂くと判ると思いますが、解像度の高い音なんて聴こえて来ないのですよね。あれはマイクで拾い上げた音。そういう意味では、M44-7Eの音は実際に演奏会場で聴くオーケストラの音に非常に近いものを感じます。

JazzやPOPSも非常に良い感じに聴こえます。管楽器やボーカルものの雰囲気が良く出て来ます。
ただし、一方で弦楽四重奏等の微細なニュアンスを楽しむような音楽には聊か物足りなさを感じますし、音の張り出し方もワタシが室内楽に求める音とは違うように感じています。

楕円針に交換してどんな曲でも楽しめる、と云う訳でありませんが、M44-7本体が8000円ちょっと、交換針が4600円ほど。合わせて13000円程度でこの音は、コストパフォーマンス高過ぎだと思います。
オートグラフでオーケストラを聴いていても何等不満は感じませんので、暫くはこれで楽しみたいと思っています。

繰り返しになりますが、この組み合わせはメーカー推奨のものではありません。
音の良さから多くの人に試して頂きたい組み合わせではありますが、お試しはくれぐれも自己責任でお願いいたします。
by score1204 | 2016-11-27 21:51 | オーディオ | Trackback | Comments(2)
件の演奏会へ行って参りました。
C定期2日目のマチネーでの演奏会になります。

f0229581_11144074.jpg


この日のプログラムはオール・ショスタコーヴィチ・プロ!

ロシアとキルギスの民謡による序曲
ピアノ協奏曲第1番 (pf:アレクセイ・ヴォロディン)
交響曲第12番「1917年」

指揮:井上道義

ミッチーこと井上道義氏の演奏を聴くのもおよそ30年ぶりになるでしょうか?
その昔、新日フィルを振ってのマーラーの交響曲第6番を昭和女子大学人見記念講堂で聴いたのを思い出します。とても素晴らしいマーラーでした。余りの素晴らしさに第一楽章が終わったところで拍手が起こったのをハッキリ覚えています。今回のN響定期の出演も38年ぶり、とのこと。
この両者の組み合わせでどのようなショスタコを聴かせてくれるのかとても楽しみ(^o^)

演奏会全体を通じて、極めてオーソドックスな表現。ロシア的アプローチと云うよりも、ドイツ風な味付けがなされたショスタコのように思います。珍奇な表現を用いることなく、淡々と進む語り口ですが、時折、ほんの僅かにキレッキレな表情を見せるなど、しっかりとミッチーらしい刻印が押されていたように感じます。

オーケストラも好演。
交響曲第12番のラストのあたり、変拍子が連続して出てくる辺りも難なくこなし、金管・打楽器群の奮闘もあって、とても迫力のある演奏だったように思います。感動的なラストでした。

とても素晴らしい演奏会でした。
また、この両者の共演を聴いてみたいものです(^o^)
by score1204 | 2016-11-27 11:36 | 演奏会感想 | Trackback | Comments(0)

この世界の片隅に

f0229581_22511020.jpg

昨夜(11/19)立川シネマシティで観て参りました。

のっけから話が脱線しますが、立川シネマシティは音響設備に力を入れている劇場として有名です。JBLやMeyer(こちらは良く知らない)のスピーカーを設置するなどして、11室ある劇場のそれぞれに特色を持たせているようです。確かに普通のシネコンの音響設備に比べると細かい音が良く聞き取れますし、透明感のある音色で大音響が鳴り響いても決して喧しくはありません。耳の確かな音響設計者がコーディネートしたのでしょうねえ。
とても良い感じで映画に浸ることが出来ました。

さて、本題っと。。。(^^;;)

最初に云ってしまいます。
個人的には本年見た映画で間違いなくナンバーワンです。
ダントツと云って良いでしょう。

舞台は広島・呉。
時代は戦時中。
こういうキーワードでピンと来る方は多いと思います。ですが、残念ながら、本作はそういう映画ではありません。本作で描かれるのは銃後の人々の日常の暮らしと生き様であって、決して戦争そのものを描いているのではないのです。

どのような時代であっても、市井の人々の日常はあります。
その日常に戦争が暗い影を落とすことは間違いありませんが、そんな中でも人々は逞しく生きている。
食糧難だったり、空襲があったり、戦地で大切な人を失ったり。

そんな市井の人々を優しく暖かい視点で、ややコミカルに描いているのが本作品です。

というオハナシですので、劇的なストーリー展開と云うものはありません。
物語は終始淡々としています。
「泣ける」話でもありません。
ですが、それが胸をうつと云いますが、例えようの無い感動を産み出すのです。
映画を観終わった後からじわじわと泣けて来る、と云う体験を初めてしました。

是非、多くの人に観て頂きたい良作だと思います。

余談ですが、本作の主人公の声を能年玲奈改め、のんさんが担当されていますが、いや~この子ホントに芸達者です。最初はミスマッチかなあ?と思いましたが、映画が進むに従い、のん以外の声は考えられなくなりました。素晴らしい役者さんだと思います。いろいろあるみたいですが、このような才能のある女優が表に出られないと云うのは芸能界にとって大きな損失だと思います。
by score1204 | 2016-11-20 23:44 | 映画 | Trackback | Comments(2)

音楽とオーディオ、その他の日々雑感を気ままに…


by score1204