scoreのオーディオ&音楽日誌

score1204.exblog.jp
ブログトップ

この世界の片隅に

f0229581_22511020.jpg

昨夜(11/19)立川シネマシティで観て参りました。

のっけから話が脱線しますが、立川シネマシティは音響設備に力を入れている劇場として有名です。JBLやMeyer(こちらは良く知らない)のスピーカーを設置するなどして、11室ある劇場のそれぞれに特色を持たせているようです。確かに普通のシネコンの音響設備に比べると細かい音が良く聞き取れますし、透明感のある音色で大音響が鳴り響いても決して喧しくはありません。耳の確かな音響設計者がコーディネートしたのでしょうねえ。
とても良い感じで映画に浸ることが出来ました。

さて、本題っと。。。(^^;;)

最初に云ってしまいます。
個人的には本年見た映画で間違いなくナンバーワンです。
ダントツと云って良いでしょう。

舞台は広島・呉。
時代は戦時中。
こういうキーワードでピンと来る方は多いと思います。ですが、残念ながら、本作はそういう映画ではありません。本作で描かれるのは銃後の人々の日常の暮らしと生き様であって、決して戦争そのものを描いているのではないのです。

どのような時代であっても、市井の人々の日常はあります。
その日常に戦争が暗い影を落とすことは間違いありませんが、そんな中でも人々は逞しく生きている。
食糧難だったり、空襲があったり、戦地で大切な人を失ったり。

そんな市井の人々を優しく暖かい視点で、ややコミカルに描いているのが本作品です。

というオハナシですので、劇的なストーリー展開と云うものはありません。
物語は終始淡々としています。
「泣ける」話でもありません。
ですが、それが胸をうつと云いますが、例えようの無い感動を産み出すのです。
映画を観終わった後からじわじわと泣けて来る、と云う体験を初めてしました。

是非、多くの人に観て頂きたい良作だと思います。

余談ですが、本作の主人公の声を能年玲奈改め、のんさんが担当されていますが、いや~この子ホントに芸達者です。最初はミスマッチかなあ?と思いましたが、映画が進むに従い、のん以外の声は考えられなくなりました。素晴らしい役者さんだと思います。いろいろあるみたいですが、このような才能のある女優が表に出られないと云うのは芸能界にとって大きな損失だと思います。
# by score1204 | 2016-11-20 23:44 | 映画 | Trackback | Comments(2)
さて、いよいよ本日はF1日本グランプリの決勝です(10/9)

この日はsoundbox師匠夫妻にホテルまで迎えに来て頂き(いつもありがとうございます)鈴鹿サーキットへ向かいます。
予選があった昨日は、良い天気で暑いぐらいでしたが、この日は朝から曇天。涼しい風も吹き、少し肌寒いぐらいです。暑いのが苦手な我々にとっては、マシな天気でしたが。。。(^^;;)

f0229581_2344533.jpg


12時から始まった、レジェンドF1デモンストレーションラン。
今回はコンデジしか持って行かなかったので碌な写真が撮れていませんが、今のマシンとは違い爆音のエンジン音。迫力があります。

そして14時から日本グランプリの決勝です。
はい、もう順当にメルセデスがぶっちぎっています。完全に一人旅。
我々が応援しているマクラーレンホンダは後ろでもたもた(>_<)
結果、アロンソ選手が16位、バトン選手が18位。。。
あきませんな(^^;;)

それにしても、メルセデスとフェラーリの速さは別格ですね。
F1グランプリの醍醐味を感じさせてくれる素晴らしい走りだったように思います。
何か蘊蓄を垂れるほど詳しい訳ではありませんが、ホームストレートから第1コーナーへ飛び込んで来るあたりなどは、ジェット戦闘機を彷彿とさせるスピード感。マシンが空気を切り裂く音などは、まさしくそれでしたからねえ。凄い迫力です。

鈴鹿サーキットを後にして、夕食は四日市に戻って食べることになりました。
前々から気になっていた担々麺やさんへ連れて行って頂きました。

f0229581_23274646.jpg


soundbox師匠のブログでもお馴染みの担々麺です。
いや~こんなに美味しい担々麺を食べたのは生まれて初めて。
麺を食べ終わった後に、御飯を投入しておじや風にして食すと、これまた得も言われぬほどの美味しさ。
ほんと、病みつきになります。
また四日市へ伺った際には是非食べに行きたいです!(^o^)
# by score1204 | 2016-10-16 23:34 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
翌日は、朝早くからsoundbox師匠宅へお邪魔し、4人で鈴鹿サーキットへ向かいます。
いつも思うのですが、ホントにこういう時は土地勘のある方にご同道頂けるのは僥倖以外の何物でもありません。全くストレス無く会場へ行くことが出来ます。これが何も知らない我々夫婦だけだったとしたら、右往左往した挙句、疲労困憊に陥ることは間違いありません。近所のどこら辺に臨時駐車場があるかも知りませんし。。。

サーキットの近所の臨時駐車場へクルマを停めて、サーキットへ移動します。
f0229581_216917.jpg


この日は予選だったのですが、我々が応援しているマクラーレンホンダは良いとこ無しでしたねえ。
予選の仕組みは実は良く判ってないのですが(嫁はんの方が詳しい ^^;;)、マクラーレンホンダは15位と17位。つい先週のシンガポールGPで10位以内に入っていたと云うのに、これは一体。。。??
予選の方は、まあ、順当にメルセデスがトップ、続いてフェラーリ、レッドブルと続きました。

予選を終えて、人混みの中をグッズを買いに移動(^^;;)
ラッシュアワーの新宿駅か、と思えるほどの人混みでした。

新型NSXや
f0229581_21141273.jpg


歴代F1マシンの展示がありました。
f0229581_2115394.jpg


f0229581_21151783.jpg


この後は、鈴鹿のJazz喫茶「どじはうす」さんへ移動して、美味しい晩御飯を頂きました。

ボラのお刺身なんですが、全く泥臭くなく適度に脂が乗ってとっても美味。
御飯が進む逸品です!
f0229581_2116389.jpg


美味しい晩御飯とコーヒーを頂いて、帰路に着きました。
# by score1204 | 2016-10-15 21:23 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
今年もF1グランプリを観戦しに行って参りました。

10/7(金)仕事を定時に終了させ、一路、鈴鹿へ向かいます。
いつもの定宿の四日市へは、中央道~圏央道~東名~新東名~伊勢湾岸道のルートです。

途中の足柄SAで少し遅めの晩御飯。

f0229581_22595477.jpg

眠くなるのがイヤなので少な目に。。。(^^;;)

f0229581_23010581.jpg

ほんとうなら新東名に入ってすぐの駿河湾沼津SAで晩御飯を食べたかったのですが、夜は混雑するとのことなので、足柄SAで済ませることにしました。駿河湾沼津SAの方が新しいだけあってメニューも豊富ですし、広くてキレイなんですけどねえ(^^;;)

新東名に入って遠州森町PAでトイレ休憩。

f0229581_23061330.jpg

ここから四日市まではノンストップです。
新東名が伊勢湾岸道へ繋がって名古屋方面へのアクセスが格段に楽になりましたね。
ただ、一時期に比べ、新東名のトラフィックがかなり増えたような印象を覚えます。トラックの夜間便が殆どなんですが、これだけ物流が増えたと言うことは経済が上向きになっていると云う事でしょうか? 少し走り難くはありますが、日本にとっては良いことだと思います(^o^)
とは言え、思った以上に時間が掛からず、四日市の定宿へチェックインすることが出来ました。

f0229581_23092050.jpg


明日はsoundbox師匠ご夫妻と一緒にF1予選を観戦しに参ります!(^o^)







# by score1204 | 2016-10-11 23:16 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
断続的に強い雨の降る中、今回もN響の定期演奏会へ行って参りました。
この日の中央道は雨の影響からか、混雑が激しく、渋谷のNHKホールまで通常40分前後で到着出来るところ、約1時間10分ぐらいかかりました。
何故か永福の料金所から少し行ったところで、流れるようになったのですが、渋滞のメカニズムって一体どうなっているんですかね?
いろいろ言われてはおりますが。。。

さて、この日の演目は。。。

W.A.モーツァルト:ピアノ協奏曲27番
(Pf:ラルス・フォークト)
A.ブルックナー:交響曲第2番(キャラガン版)
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
管弦楽:NHK交響楽団

この日は天候のせいもあってかお客さんの入りも今一つ。
空席が目立っておりました。
7割ぐらいの入りでしょうか?
まあ、演目のせいもあるかも知れませんね(^^;;)

まずはモーツァルトのピアノ協奏曲第27番から。
全般的に落ち着いた感じで曲が進行します。
珍奇な表現を用いることなく、スタンダードな筆の運びです。
ソリスト、オケ共に安定感抜群で、ゆったりとモーツァルトの音楽に浸れます。
ラルス・フォークトと云うピアニストは初めて聴いたのですが、今回聴いた限りではモーツァルトよりもベートーヴェンやシューベルトの方が似合っているような気がします。結構、ピアノを響かせるんですね。モーツァルトでもこういうのもアリかとは思いますが、個人的には角の丸い音の方がモーツァルトらしいように思います。

休憩を挟んでブルックナーの交響曲第2番。
一言で云うと、素晴らしい演奏でした。凄演と云っても良いでしょう。
ワタクシ的にはキャラガン版の実演を初めて耳にすると云うだけで期待値はかなり高かったのですが、その期待値にかなり大きなプラスアルファを積み上げて貰えたようで大満足。
比較的早いテンポで一気呵成に描き上げて行く演奏ですが、リズムパートを際立たせたり、ダイナミクスに多少手を入れるなどフレッシュかつ大胆かつ説得力のあるものになっていたように思います。
例によって聴かせどころを心得た演奏ですので、なんの引っかかりも無く、音楽が胸に落ちて来ます。
第二楽章アダージョ冒頭、第四楽章でブルックナー自身のミサ曲から引用された部分など、美しさの極みです。
オーケストラも大健闘。ブルックナーらしい重心の低い弦楽群。素朴な味わいを感じさせる木管群。光り輝く金管群。とどのパートも素晴らしかったように思います。ティンパニも大健闘。ここぞという時の雷鳴のような響きは素晴らしかったですね。
パーヴォ・ヤルヴィのブルックナーは私が理想とする演奏とは正反対のアプローチなんですが、それでも聴く度に納得させられてしまいます。

余談ではありますが、ブルックナーの交響曲の中でも比較的地味めな交響曲第2番を初めて聴いた嫁はんが、音楽と演奏に眼を潤ませるほど感動しており、そちらの方にビックリしました(爆)
まあ、でも、ブルックナーの音楽と本日の演奏に、素人を感動させる何か凄いものがあった、と云うことですね。
ホントに素晴らしい演奏でした(^o^)


f0229581_11575879.jpg



# by score1204 | 2016-09-25 12:01 | 演奏会感想 | Trackback | Comments(2)

音楽とオーディオ、その他の日々雑感を気ままに…


by score1204