scoreのオーディオ&音楽日誌

score1204.exblog.jp
ブログトップ
すみません、また3ヶ月近く放置してしまいました m(_ _)m

少し前(9月8日)ですが、件の演奏会へ行って参りました。
職場が東京23区外なものですから、平日は仕事が終わってからの演奏会通いはほぼ諦めております。ですが、この演奏会だけはどうしても聴きたかったので無理矢理スケジュールを空け、有給休暇を貰って行くことにしました(^^;;)

f0229581_23133324.jpg
チケットは早々に完売だそうで、当日券も出なかったようです。
で、演目は。。。

グスタフ・マーラー 交響曲第8番「千人の交響曲」
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
ソプラノ1:エリン・ウォール
ソプラノ2:アンジェラ・ミード
ソプラノ3:クラウディア・ボイル
アルト1:カタリーナ・ダライマン
アルト2:アンネリー・ヘーボ
テノール:ミヒャエル・シャーデ
バリトン:ミヒャエル・ナジ
バス:アイン・アンガー
合唱:新国立劇場合唱団
   栗友会合唱団
児童合唱:NHK東京児童合唱団
管弦楽:NHK交響楽団

とまあ、独唱陣だけでも8人を擁する大編成の楽曲です。
この交響曲第8番は通称「千人の交響曲」と呼ばれておりますが、作曲者自身が命名した訳ではありません。1910年にミュンヘンで行われた初演時に興行主が勝手につけたもので、マーラー自身はこの名前を嫌っていたとか。。。ただ、まあ、そうは云っても文字通り初演時は千人を超える演奏者がステージに乗ったわけですから、音楽の規模を端的に現すには判りやすいでしょう。ちなみに、マーラー自身が自作の交響曲を初演したのはこの8番が最後です。翌年の1911年、マーラーはこの世を去ることになります。

当日の演奏ですが。。。いやあ、ほんとに感動的な演奏だったように思います。
聊かの傷も無きにしも非ず、でしたが、そんなことよりも感動的な演奏を繰り広げてくれた演奏者たちに盛大なブラボーを送りたいと思います。
マーラーの楽曲の中では最も祝典的な雰囲気が横溢する曲ではありますが、決して表面的に無意味に音楽が流れて行くのではなく、ガッチリとした土台に屹立する大伽藍を築き上げるかのような創造性溢れるものだったように思います。特に第2部、現世の苦悩から解放され、霊的なものに進化(浄化)していくファウストの魂が描かれる場面などは涙が出そうになるくらい感動的だったように思います。栄光の聖母が歌う「Komm!」が出てきた途端、涙腺が崩壊しました(^^;;) ココ、大好きな場面なんですよね。
当日の演奏会はNHKがしっかり収録しておりました。年末だか年始には放映予定だそうです。

で終わった後は、指揮者パーヴォ・ヤルヴィのサイン会。
1時間半もある大曲振った後で疲労困憊でしょうに、こんなファンサービスしてくれるなんて有り難いことです。

f0229581_23441507.jpg

f0229581_23450044.jpg

一仕事終わって、アサヒスーパードライを飲みながらのサイン会でした(^^;;)

f0229581_23590056.jpg

しっかり戦利品Get!(^^;;)





# by score1204 | 2016-09-11 23:56 | 演奏会感想 | Trackback | Comments(0)
そんなこんなで翌日。
朝起きて、窓の外を見ると。。。


f0229581_21004639.jpg

雨やし。。。(涙)
テンションだだ下がりでのんびり朝食を摂っていると、北の空が徐々に明るくなって来ました。
どないなるか判らんけど、取敢えず行ってみるかあ、と会場へ向かうことにしました。

宿泊した千葉市内のホテルからAirRace会場の幕張海浜公園まではクルマで30分ほどです。
幕張メッセの駐車場へクルマを停めた頃にはすっかり雨が上がっていましたが、昨日ほどでは無いものの風が少し強めです。

f0229581_21075392.jpg

昨年とほぼ同じ場所に陣取ることにしました。
ここもBエリアなんですが、スタートとフィニッシュをじっくる観戦出来る、なかなか良いポジションではないかと思っています。
会場内の売店で昼食を調達して開始を待っていると、予定通り12時よりチャレンジャーズカップを行うとのアナウンスが流れます。
良かった~!(^o^)

チャレンジャーズカップってのは、まあ、二軍の試合みたいなもんです。
若いパイロット達がマスターズクラスと同じコースを使って行うレースで、まあ、一種の登竜門のような役割を果たしているのでしょう。

f0229581_21163413.jpg


レースを見ていても、マスターズクラスとはスピード感がまるで違います。また、機体の旋回速度も全くと云って良いほど違います。
云い過ぎかも知れませんが、もっさりした飛行で、観戦しているこちらもイマイチ気分が乗りません。
地べたに腰を降ろしたまま見物しているお客さんも多かったですしね。
このチャレンジャーズカップには女性のパイロットも参戦していましたね。

で、この後はいよいよマスターズクラスの競技開始です。
ここらへんからお客さん、大盛り上がり(^^;;)
ずっとデジカメの動画撮影機能で撮影していたものですから写真が無いのですが、先のチャレンジャーズカップに比べると技術が全く違います。
キレ味鋭い旋回にスピード感。
すぐ目の前をエンジンの爆音を轟かせながら旋回して行くさまは、ちびりそうになるぐらいの大迫力だったように思います。

この大会では日本人パイロット室谷義秀選手が優勝しました。
余り思い入れ無く観戦していたのですが、さすがに日本の選手が優勝したとなると感動するものです。
嫁はん、ぎゃあぎゃあ騒いで泣いてるし。。。(爆)


f0229581_21361641.jpg

素晴らしいレースでした。
おめでとうございます!








# by score1204 | 2016-06-07 21:39 | 日々雑感 | Trackback | Comments(0)
今年も開催(^o^)
Red Bull AirRace in Chiba。
この手のモータースポーツが大好きな嫁はんと今年も観に行って参りました。

昨年は仕事の関係で予選を観ることが出来なかったのですが、今年は年初からバッチリ予定を押さえて居たので6/4(土)の予選と6/5(日)の本線を両方共観戦する予定です。
6/4の9時過ぎに自宅を出発。
道路情報を見ると首都高環状線もそれなりに流れているようなので、嫁はんが大好きな東京タワーをたっぷり見られるルートで行くことにしました。

f0229581_23000807.jpg

で、レインボーブリッジを渡って

f0229581_23015904.jpg

東関東道へ

f0229581_23033248.jpg

東関東道が少し混んで居ましたが、浦安を過ぎる前ぐらいから徐々に空いて来ます。
まあ、所謂ディズニーランド渋滞ですな(^^;;)
この先はスムーズに進み、幕張メッセの駐車場へ着いたのは10時半前でした。

f0229581_23071865.jpg

ここから我々の観戦ポイントであるBエリアまでは徒歩で3kmちょっと。
ゆっくり歩いて30分ほどで到着。

この日は天気が良かったのですが、朝から風が強く、海岸沿いの観戦ポイントに座っていると潮風をもろに浴びます。暫くすると髪の毛がバリバリになるわ、メガネが曇るわで難儀しました。スマホで天気情報を確認すると強風波浪注意報が出ています。

f0229581_23125409.jpg

会場はこんな具合。
パイロンが風にあおられて傾いてるし、海面には白波が立っています。
こんなんじゃ、競技でけへんのとちゃうか?
なんて思っていると、放送で競技中止のお知らせが。。。

まあ、お天道様には逆らえませんからねえ。
こればっかりは仕方ありません。
と云っても、このまま宿泊先に行ったのでは面白くないので、成田まで飛行機を観に行くことにしました(^^;;)

幕張メッセの駐車場から高速を使って40分ほどの距離です。

f0229581_23193727.jpg

成田へクルマで行くのも約30年ぶりです。
その昔は高速を降りて暫く行ったところに検問所があり、クルマの下まで調べられました。
今はもう、そんなことはありませんが、成田闘争の顛末を知っている者に取っては少し緊張する地であることは間違いありません。

f0229581_23233848.jpg

f0229581_23242668.jpg

第一ターミナルの展望デッキでたっぷり1時間、飛行機の離発着を見物して、千葉市内へ戻り、ホテルに入りました。







# by score1204 | 2016-06-06 23:28 | 日々雑感 | Trackback | Comments(2)
このご時世、真剣にモノラル再生をしようとすると意外と手段が無いものです。
最新機器でモノラルに対応しているものなんて、ほぼ皆無。
モノラルスピーカーやモノラルパワーアンプはまだキット等でなんとかなりますが、プリアンプだけはどうしようもありません。QUADやMcIntoshのビンテージ系を導入するしか方法がないでしょう。
てなわけで、プリアンプのステレオ出力をトランスを用いてモノラルミックスする合成器を作成することにしました。
前々から抵抗器使用の自作合成器を使っていたのですが、聴感上特に問題は無かったものの、これをトランス合成したらどういう音質になるんだろう?と云う好奇心もあってやってみることにしました。まあ、駄目なら戻せば良いんだし。

Web上を探索していると、TAMURAのインターステージトランスTD-1を用いた作例が紹介されておりましたので、コレを真似してみることにします。

f0229581_22595822.jpg

f0229581_23011523.jpg

トランスはヤフオクで廉価に手に入れることが出来ました。

Web上で紹介されていた作例に基づき、1次側の1番2盤端子にRチャンネルのプラスとマイナスを結線。同じく3番4番端子にLチャンネルのプラスとマイナスを結線。
そして2次側は5番端子にプラス、8番端子にマイナスを結線。6番7番は短絡させます。

f0229581_23013892.jpg
こんな感じでケースに収めました。
取敢えずの間に合わせでトランスはケースに両面テープで貼りつけています。
これはそのうちネジ等で固定できるようにするつもりです(^^;;)

で、この合成器をプリとパワーの間に入れ、音を出してみると。。。

いや~なんでもやってみるもんですねえ。
以前使っていた抵抗器合成と比べて音の力感が全く違いますし、解像度も見違えるように良くなったように思います。
いやいや、もっと早くに試してみるべきでした。
抵抗器合成で音量が落ちてしまうことは承知していましたが、予想以上に音の力感が損なわれていたことに愕然としております。

ますますモノラルが楽しく聴けるようになりました(^o^)








# by score1204 | 2016-05-29 23:16 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
先の記事で書いたようにSV-300LBの導入で管弦楽曲再生と室内楽曲(含むPOPS、Jazz)の再生系統を完全に分けることが出来るようになりました。
繰り返しになりますが、SV-300LB-LM91A-オートグラフが管弦楽曲再生ライン。
SV-310-SV-86B-チャトワースが室内楽曲再生ライン。
今後はこれでほぼ固定されるでしょう。

これも先の記事で書きましたが、室内楽曲再生ラインのプリであるSV-310にはある整流管が不可欠でした。WE274B等、そんなに高価なものではありません。
SYLVANIA274Bです。

f0229581_22551508.jpg

f0229581_22554494.jpg

実はこの球、買い求めたものでは無く、soundbox師匠にお借りしたものです。

この球、数年前にkennoy-mini様にお借りして聴いてみたことがあります。
その際の印象からSV-310を室内楽専用にするなら必須と考えておりましたが、こうして聴いてみますとその考えは聊かも間違いではありませんでした。
実に軽やか、かつ爽やかな音がチャトワースから流れて出て来ます。楽器の質感もバッチリです。弦楽器が特に素晴らしい。室内楽を聴くにあたっての理想的な音がしています(^o^)v

このSYLVANIA274Bをお借りするまで、手持ちの整流管をいろいろ試してみました。SYLVANIAの5U4G(吊りフィラメント)、CETRON 5R4WGB、RCA 5R4GY等を使ってみたのですが、それぞれに良さはあるものの、思うような再生音が得られませんでした。やっぱり僅かに情報量が落ちるように感じがするんですね。また、デジタル系は非常に良い感じに聴こえたのですが、何故かアナログ系が荒れ気味の音になってしまったのには閉口しました。

SYLVANIA274BはPOPSやJazzにも合います。この両ジャンルの音楽はSV-310-McIntosh MC240-IIILZで鳴らしていますが、少し音が軽くなるかな?と思いきや、重量感を持って鳴るドラム、爽やかなギターの音、ヴォーカルの質感が素晴らしく良く、ある意味、室内楽を鳴らすよりもバッチリ嵌まってしまっています。いや~こんな音聴かされたら、この球を買い占めたくなりますね。少なくとも予備を含め2本は手元に置いておきたいです(^^;;)

と云う訳で当家のSV-310で室内楽、POPS、Jazzを鳴らすにはSYLVANIA274Bが完全に必須状態になりました。






# by score1204 | 2016-05-15 23:35 | オーディオ | Trackback | Comments(2)

音楽とオーディオ、その他の日々雑感を気ままに…


by score1204